クラウド型のmdmソリューションの導入

日曜日, 3月 24, 2019 0:00

mdmの提供形態にはクラウド型mdmソリューションとオンプレミス型mdmソリューションがあります。
一般的にmdm導入されるケースが多いのは、現在はクラウド型タイプになります。クラウド型タイプのmdmソリューションはmdmサーバがクラウド側に構築されており、それをサービスとして提供されるパターンです。
複数の企業への共用サービスとなるクラウド型mdmは個別要求にこたえにくいというデメリットがあります。また画一的なサービスメニューの範囲内での利用に限定されるというデメリットもあります。
さらにmdmソリューションの運用管理やセキュリティポリシーコントロールの自由度はオンプレミス型と比べると課題が残る点もあるでしょう。
クラウド型のmdmソリューションはデメリットだけではなく、大きなメリットも存在します。そのメリットと言えば、初期費用を安く抑えることができるという点。
導入へのハードルが低めなmdmソリューションであれば、管理上の運用不可も小さいです。

Lascia un commento