byod導入事例で注意したい情報漏えいのリスク

月曜日, 3月 4, 2019 0:00

byod導入事例は増えてきているものの、日本国内においては会社が支給したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務に利用する方が一般的となっています。
byodでは個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用します。ただbyodを導入するにあたって、企業側は情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクとコストの問題点が発生します
この情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクは企業側の最も大きなデメリットとなります。情報漏えいや情報改ざんなどを防止するために、企業側としてはmdmツールなどでモバイルデバイス端末を一元管理する必要があり、セキュリティ体制を整えなければなりません。そのためにはある程度のコストが必要になります。またセキュリティ体制をしっかりと整えたとしても、情報漏えいや情報改ざんなどが起こるリスクはゼロにはなりませんので、リスクに配慮しながら導入することになるでしょう。企業にとってはbyodで得られる利便性とリスクを慎重に考えて導入する必要があります。

Lascia un commento