VPPによって管理者の負担が軽減

月曜日, 9月 17, 2018 0:00

VPPとはVolume Purchase Programのことであり、apple社が企業や教育機関などの法人に向けた提供しているサービスの1つです。
このVPPでは組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。
VPPではアプリを複数のライセンスから一括購入することが可能です。複数のライセンス購入したアプリケーションをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末単位に配布できるようになったのは管理者にとっては非常に大きなメリットとなります。
これまで必要であった個別のappleIDが必要なくなり、割り当てられたアプリケーションはそのモバイルデバイス端末を使用する全員が使用することができるのです。
これまではmdmの導入の際には、配布する台数分appleIDを取得していた管理担当者ですが、VPPで一括でアプリをインストール、配布できるようになってからは、相当な負担が軽減されるでしょう。あmたモバイルデバイス端末導入の工数やコスト削減にもつながります。

Lascia un commento