セミナー

金曜日, 8月 11, 2017 0:00

業務用端末の導入に際してはMDM環境の構築は最早必然と呼べる物だが、システムは適切に使用されて初めて意味を成す。大抵の場合はMDMサービスを提供する側が機能説明のセミナーなどを開催したりはしているが、管理者だけがシステムを熟知していても意味はない。それと同じくらい「業務用のスマホを仕事に使う」という行為に対して、使用者全員が適切な教育を受ける必要がある。これは端末の使い方や、アプリの機能といった、「操作説明」ではなく、セキュリティー面での意識の持ち方をしっかり認識させる為の教育である。近年の若者であればスマホの「扱い方」など今更説明を受けるまでもないレベルで隅々まで機能を熟知しているかも知れないが、それはあくまで「個人利用」のスマホに対する扱い方だ。業務用となると「考え方」そのものを変える必要もある。慣れ親しんでいるからこそ「軽く」扱ってしまう傾向も強い。業務用となると、それは結果として「命取り」にもなりかねない。扱う物の「中身」の重要性については全員が共通の認識を持ち、一筋縄、一枚岩としてシステム全体をを全員で保守しなければならない。どこのmdmにもつく基本機能を紹介

Lascia un commento