三者三様のメリットがあります

金曜日, 12月 16, 2016 0:00

CRMの導入には、現場の営業マン、マネージャー、経営者の三者三様にメリットがあると言われています。

営業マンは、出先からでもスマホやタブレットを利用して営業日報や営業プロセスなどを登録することが可能。また、それまでの状況もすぐにクラウドから呼び出すことができます。しかも、他の営業マンのファイルも閲覧可能なので、似たような案件があればそれを参考にも出来ます。

マネージャーは、営業マンの商談の進捗状況が一目で確認でき、もし修正点があればすぐに伝えることが可能となります。時間のロスが無いことは、商談の成功率もアップさせることにつながります。早め早めのチェックができるようになるため、次の戦略を練るのにも良いタイミングをつかむこともできそうです。

経営者もマネージャーと同じようなメリットが考えられますが、それにプラスしてPDCAサイクルをスムーズにまわすことができるようになったり、コストの面でも軽減できると期待できます。三者三様であっても、メリットが多いことは良いことですよね。

Lascia un commento