BYOD導入の場合、mdmでは不十分?!

金曜日, 10月 20, 2017 0:00
Categoria: 未分類

スマートデバイスの業務利用、企業導入が進む中、セキュリティを担保するソリューションであるmdmの普及は着実に進んでいます。しかしmdm管理だけをしておけば、スマートデバイスは安全に使える!という考えはもはや古く、その風潮は変わりつつあります。
ここ最近ではBYODの導入によって、スマートデバイス端末内のアプリケーションやコンテンツを管理する必要に迫られている企業も多く、mdm機能だけでは不十分になってきているのです。そこで重要になってくるのがmcm機能、mam機能です。
BYODとは、個人所有のスマートデバイス端末を持ち込み、業務に活用することを言います。スマートデバイスは便利ではあるものの、不正使用や紛失、盗難などのリスクがつきものです。
BYODによってスマートデバイスを企業導入している場合には、モバイルアプリケーション管理とモバイルコンテンツ管理は欠かせません。端末だけではなく、端末内のアプリケーションやコンテンツを管理するこれらの機能は、BYODを導入する企業にとって必須と言えるでしょう。mdm情報

紛失、盗難リスクを小さくしてくれるmdm

火曜日, 9月 12, 2017 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレット端末などの業務利用が急増している今、安全対策のためにmdmを利用する企業が増えています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスがもたらすリスクというのは携帯性に依存しています。この携帯性に優れている点はモバイルデバイスの最大の利点とも言えますが、逆にその携帯性がデメリットともなりえるのです。
社外で使用する頻度が高くなればなるほど、モバイルデバイスの紛失、盗難のリスクはおのずと高くなります。大切な情報を見知らぬ人に閲覧されてしまうことも多くあるのです。また大抵のモバイルデバイスではインターネットに接続できるのでパソコンと同様に不正プログラムの侵入リスクや悪意のあるウェブサイトへアクセスするリスクがあるのです。
これらのリスクによって機密情報や、顧客情報、個人情報などが社外へ流出してしまう可能性もあるのです。
そのリスクを小さくできる仕組みを提供してくれるのがmdmなのです。
紛失盗難対策のMDMのリモートロックワイプ機能 

様々な機能設定が可能なmdm

水曜日, 8月 30, 2017 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレットなどを企業でつかうのか?教育機関で使うのか?の違いでもMdmの利用したい機能にも変化があるでしょう。
まずmdmには様々な機能サービスが付いた管理システムになっています。例えばアプリ利用制限であれば、アプリケーションのインストールを制限したり、プリントストールされているアプリの、利用制限をすることができたりします。
さらに端末のパスワード設定を強制したり、パスワードの複雑さ、有効期限などを設定したりなどのパスワードポリシーの機能もあります。
さらに端末にWi-Fi設定、VPN設定を一括で行えたり、端末アクセスポイントの設定、メール設定、
アプリ配布、イんストール指示、プロビジョニングプロファイル配布をおこなったりと様々な機能があるので、効率的なモバイルデバイス導入が期待できます。
Mdmを利用せずにはモバイルデバイスを企業で導入することはまず不可能です。大切なのはmdm機能をうまく活用することでしょう。
mdmによる教育機関への参入

管理者の統制がなければモバイルデバイスの導入は難しい?!

日曜日, 8月 20, 2017 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンの会社での導入が増えており、ビジネスにおいてもスマートフォンは欠かせないツールとなってきています。スマートフォンの導入形態の実態を見ていると、会社支給が35%、併用が27%、私物が9 %、計画なしが29%というアンケート結果が出ています。これは2014年の結果なので、現在ではもっと多くの割合でスマートフォンが導入されているでしょう。
スマートフォンなどのモバイルデバイスを使った社内システムへアクセスする場合、情報漏えいのリスクがどうしてもついてしまいます。会社で承認されていない、私物端末を業務に利用する場合、誰が、どのようにいつどこで業務利用をしているのか?などを全く会社側としては把握することができないのです。
また会社支給の端末だからと言って必ずしも安全とは限りません。端末を紛失したり、盗難されたりしたら情報漏えいの危険もありますし、マルウェアなどに感染してしまう可能性もゼロではありません。管理者の統制がなければ高いセキュリティレベルを維持することができないのです。

セミナー

金曜日, 8月 11, 2017 0:00
Categoria: 未分類

業務用端末の導入に際してはMDM環境の構築は最早必然と呼べる物だが、システムは適切に使用されて初めて意味を成す。大抵の場合はMDMサービスを提供する側が機能説明のセミナーなどを開催したりはしているが、管理者だけがシステムを熟知していても意味はない。それと同じくらい「業務用のスマホを仕事に使う」という行為に対して、使用者全員が適切な教育を受ける必要がある。これは端末の使い方や、アプリの機能といった、「操作説明」ではなく、セキュリティー面での意識の持ち方をしっかり認識させる為の教育である。近年の若者であればスマホの「扱い方」など今更説明を受けるまでもないレベルで隅々まで機能を熟知しているかも知れないが、それはあくまで「個人利用」のスマホに対する扱い方だ。業務用となると「考え方」そのものを変える必要もある。慣れ親しんでいるからこそ「軽く」扱ってしまう傾向も強い。業務用となると、それは結果として「命取り」にもなりかねない。扱う物の「中身」の重要性については全員が共通の認識を持ち、一筋縄、一枚岩としてシステム全体をを全員で保守しなければならない。どこのmdmにもつく基本機能を紹介

安全性、運用性が求められるモバイルデバイス

月曜日, 7月 24, 2017 0:00
Categoria: 未分類

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスをしてビジネスを効率よく行うツールとして使用するためには、安全性と運用性、そして利便性が求められます。法人用スマホなどがあるように、企業によって従業員にスマートフォンやタブレットなどを1人1台支給するケースが増えてきています。スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを導入したら、まずはメール、ブラウザ、カレンダーなどの基本的なアプリをビジネスの現場で使用できるようにすることです。ビジネスで、スマホやタブレットを使用する場合、デバイスの導入によって利便性が高まります。さらにそれだけではなく安全性、運用性も必要になってくるのです。安全性、運用性を高めるためにはmdmを利用するのがよいでしょう。Mdmサービスを利用することによって莫大な数のモバイルデバイスを一括で管理することができます。またmdm機能として、セキュリティ面などの強化にもつながります。

シェア

金曜日, 7月 14, 2017 0:00
Categoria: 未分類

シェアという言葉はご存知だろうか?主に「共有」という意味で使用され、若者の間ではお菓子や飲み物を分け合う事すら「シェア」と呼ぶし、最新のゲーム機にも「シェア機能」が搭載されており、遠く離れた友人と一緒に遊ぶ事もできる。社用の端末管理における「シェア」も同様で、一つのデータを社員で共有することで業務の効率化を図るというのもMDMの提供する機能の一つである。その一方で「個人の成績」なども上手くシェアできれば全体的な生産性の向上にも繋がると言える。どこにでも「出来る奴」と「出来ない奴」がいるのは当然だ。しかし管理者としては「出来る奴」のノウハウを分析する事で効率的な端末使用のテンプレートの作成も可能となり、全体の底上げに活用できるシーンも少なくはない。MDMを紛失盗難の保険としてだけではなく、業務効率の分析という面でも活用できれば、「出来る奴に指導させる」という手間を省きつつ、適切な指導やアプリの最適化など管理者にできる「補佐」も少なくはない。

mdmとクラウド

水曜日, 7月 5, 2017 0:00
Categoria: 未分類

業務用として携帯端末を有効活用できれば様々なシーンでの活躍が期待できる。その一方でリスク管理も重要な項目となる。特に重要な情報を端末に入れて持ち歩く場合には「紛失」や「盗難」という情報漏洩の危険には最大限留意する必要がある。mdmサービスの利用目的の中でもこの紛失や盗難という部分への保険的な要素が最も重要視される。いわゆる「遠隔操作」によって「ロック」や「データの消去」を行う物だが、これも「絶対」ではない。いわゆる「圏外」であれば遠隔操作はできないし、電池切れでも同様だ。そもそもこのような機能が重要視される前提として「データを持ち歩く」という部分がある訳だが、この前提を取っ払えば考え方も変わってくる。ようは「無くして困る物は持ち出さない」って事だ。必要な情報はクラウド上で一元管理し、必要に応じて「端末で見る」というスタイルなら、端末にはデータが残らない。その端末が生きているなら第三者が不正に利用して社のクラウドへのアクセスも可能となるが、それは逆に言えば、mdm管轄下の端末という事でもあるので、紛失盗難の届け出が迅速に行われていれば、遠隔でロックする事もできるという事だ。MDMとは – MoDeM

mdmと社員教育

月曜日, 6月 26, 2017 0:00
Categoria: 未分類

mdmの導入による端末の一元管理が行われる事で、紛失や盗難におけるセキュリティーリスクは大きく軽減できるのだが、折角のシステムも正しく使われなければ意味はない。企業ルールとして紛失時は即申し出るように取り決めていても、バレる前に見つければ問題ない、と考える人も多いのが現実だ。とりあえず探す努力をする気持ちも分からないでもないが、業務で利用する端末内のデータは多くの場合企業の資産でもあり、その情報の流出が大きなダメージとなる可能性は否定できない。扱う情報の重要性からmdmの導入に踏み切ったとしても、実際に端末を扱う人間が、その重要性を軽視していては意味がない。特にスマートフォンなどは最早「一般的」なデバイスともあり、自身の所有物と同様に、言い方は悪いが「軽く」扱ってしまう傾向も強い。いかに薄くて軽くとも、業務用に用いる端末の中身の重さは計り知れない。mdmの導入は紛失リスクを大きく軽減するものだが、紛失自体が伏せられていては意味がない。mdmの導入に際しては、今一度、扱われる情報の重要性について自覚させる必要があると言えるだろう。mdm価格

携帯管理端末(mdm)に必要な機能

金曜日, 6月 16, 2017 0:00
Categoria: 未分類

みなさまこんにちは。今回はmdm必須の機能をご紹介します。
さて、mdmとは基本的に企業のセキュリティ管理を行うためのツールです。そのため、スマホのセキュリティを強化するための機能が絶対条件となりますね。それでは細かいセキュリティ機能でどんなものが必要か見ていきます。まず、一番危ないのは携帯電話の紛失です。例えば携帯電話を紛失したらどうなってしまいますか?その携帯のデータが他の人に見られてはまずいですよね?そこで遠隔でスマホに入っているデータを消す機能があります。それが、リモートワイプ機能です。その機能を使えば携帯を紛失した際に情報を見られずにすみます。正直最低限この機能さえあれば問題ないと言えるのではないでしょうか?
最近では、このセキュリティ機能の他にアプリの配信やドキュメントの配信など機能の多様化が進んでいます。これらの機能の増加も素晴らしいことですが、自分の必要な機能を考えてmdmを選択することが非常に大切です。
mdmとは