モバイル端末管理をスムーズに行うmdm

木曜日, 3月 14, 2019 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレットは便利な反面、業務などで活用するとセキュリティの面で非常にリスクが高いです。
そのリスクを最小限におさえるために必要となるのが、モバイル端末管理です。
スマートフォン、タブレットなどのモバイル端末管理ツールはmdmと呼ばれており、モバイル端末管理ツールを用いて、業務で使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理する企業は非常に多いです。
モバイルデバイス端末を円滑にそして効率よく利用するためには、企業側として端末の使用状況やアプリケーションの管理、利用制限などを行う必要があります。
きちんと管理ができれば、紛失、盗難時にも情報が漏えいしにくく、モバイルデバイス端末を使ってもきちんとセキュリティが守られている状況になります。
モバイル端末管理は、端末を導入した時に同時に加入することが多く、初期設定などもmdm導入下であればスムーズに行えます。

byod導入事例で注意したい情報漏えいのリスク

月曜日, 3月 4, 2019 0:00
Categoria: 未分類

byod導入事例は増えてきているものの、日本国内においては会社が支給したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務に利用する方が一般的となっています。
byodでは個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用します。ただbyodを導入するにあたって、企業側は情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクとコストの問題点が発生します
この情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクは企業側の最も大きなデメリットとなります。情報漏えいや情報改ざんなどを防止するために、企業側としてはmdmツールなどでモバイルデバイス端末を一元管理する必要があり、セキュリティ体制を整えなければなりません。そのためにはある程度のコストが必要になります。またセキュリティ体制をしっかりと整えたとしても、情報漏えいや情報改ざんなどが起こるリスクはゼロにはなりませんので、リスクに配慮しながら導入することになるでしょう。企業にとってはbyodで得られる利便性とリスクを慎重に考えて導入する必要があります。

byodがメジャーにならないその課題とは?

日曜日, 3月 3, 2019 0:00
Categoria: 未分類

byod導入は企業や従業員にとって非常にメリットが多いです。しかしそれにも関わらずbyodは日本国内においてはまだまだ少数派で導入に慎重になっている企業が非常に多いです。
byodは個人のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用することであり、初期費用の削減や、業務効率のアップなど様々なメリットが考えられます。
しかしメリットがある反面、課題も明確化しており、byod導入に伴う金銭コストや業務コストに関する問題や、情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクやコストの課題もあります。
byodを導入する場合、企業側としては社員側に対して相応の導入コストをかける必要があります。端末購入に関する費用はどうするのか?などはしっかりと規定を作るべきです。
情報漏えいなどのセキュリティ面のリスクとしては、mdmツールなどでしっかりとモバイルデバイス端末のセキュリティ体制を整える必要があるでしょう。

mdmの導入を検討しよう

木曜日, 2月 21, 2019 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の盗難時、紛失時の対策が心配である、モバイルデバイス端末の設定の一括管理を徹底したい、モバイルデバイス端末の状態をきちんと管理しておきたい…
このような課題を解決してくれるのがmdmです。mdmはmobile device managementの略であり、モバイルデバイス端末を円滑に管理するためには欠かせない管理ツールになります。
セキュリティ対策や資産管理、アプリケーション管理など様々な機能を搭載しているmdmは、モバイルデバイス端末を導入する段階で同時にmdmにも導入するという企業が非常に多くなってきています。
mdmは多くのメーカーから登場しており、その機能は様々です。セキュリティ強化に力を入れているmdmもあれば、シンプルな機能で使いやすさや価格の安さを魅力としているmdmもあります。企業にとってmdmに求める機能は異なります。それぞれの企業にあったmdmを導入することで、効率よくそして確実にモバイルデバイス端末を管理できるでしょう。

mdm導入によるモバイルデバイス端末運用管理

月曜日, 2月 11, 2019 0:00
Categoria: 未分類

mdmを導入してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理した場合、どのような機能が得られるのでしょうか?
まず利用状況の監視機能があります。モバイルデバイス端末のセキュリティポリシーに関連するパラメータや利用状況をmdm側から定期的に監視できます。SMS送信方式による状態取得やクライアントエージェントの状態監視データアップロード方式など、タイマー監視が可能になっているので一定の定期監視を行うことが望ましいです。
さらに利用アプリケーションの利用制限やバージョン管理もmdmの機能としてあります。アプリケーションの管理のおいては、ブラックリスト方式よりもホワイトリスト方式の方が実用的です。企業利用のモバイルデバイス端末の場合には、利用目的が明確な際には不正利用を防止するためにホワイトリスト方式で利用できるアプリケーションを制限する要求があります。著作権や使用権の問題からソフトウェア開発元不明のアプリケーションにおいては利用制限を行う場合が多いです。

bring your own device時のmdmでの制御機能

火曜日, 1月 29, 2019 0:00
Categoria: 未分類

bring your own deviceを導入する上で重要になってくるのがセキュリティ問題です。ユーザーのプライバシー保護とモバイルデバイス端末のセキュリティがユーザーの信頼を確立していきます。
従業員が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するbring your own deviceは、従業員が所有するモバイルデバイス端末に保存された全ての社内データに対する完全な制御機能が必要になります。それができるのがmdmソリューションです。mdmソリューションによって一元管理を行えば、IT部門にモバイルデバイス端末に保存された企業データを制御できるでしょう。
またモバイルデバイス端末内で、データの分離を行うことでIT部門は個人情報を消去することなく、ビジネスデータのセレクティブワイプが可能になります。IT部門はプライベートのアプリに関する情報を収集せずに社内アプリを制御することも可能です。

mdmの特長とは?

土曜日, 1月 19, 2019 0:00
Categoria: 未分類

mdmとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するための管理ソリューションになります。マルチキャリア、マルチOSに対応しているmdmソリューションは、Wi-Fi版のタブレットにも対応しています。
mdmソリューションは豊富な管理機能があり、たくさんの機種に対応しています。詳細なポリシー設定や多重トリガーでの指示が可能であり、豊富な対応機種と早期新機種に対応しているので、新商品のモバイルデバイス端末でもすぐに管理することが可能です。
mdmツールには国産と海外製がありますが、国産のmdmは国産システムならではのきめ細かいサービスや機能が充実しています。
海外製のmdmツールは全世界で導入されている実績のあるmdmツールが多いので、安心感があります。mdmでの一元管理によって緊急時のロック対応も代行操作が可能です。休日、夜間など紛失時も含めて365日24時間、電話でロック作業を依頼できるようになっています。

mdmの比較ポイントとして重要なOS対応範囲

水曜日, 1月 9, 2019 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、業務におけるモバイルデバイス端末の導入、活用も進んでいます。業務でモバイルデバイス端末を導入する場合には、mdmでの一元管理が重要になります。
スマートフォンやタブレットは携帯性に優れており、紛失、盗難のリスクも高いため、モバイルデバイス端末を業務で利用する場合には、セキュリティ強化をするためにmdmを導入する必要があります。
mdmは多くの種類があり、どのmdmを導入するかによって、管理が異なってきます。mdmを導入するときにはmdmの比較が重要になります。
mdm導入検討する際の比較ポイントはいくつかありますが、OS対応範囲は重要です。iOSのみではなく、androidやWindowsなどの端末に幅広く対応しているかどうかは比較しておきたいポイントと言えますね。マルチデバイス対応のmdmを導入した方が、その後の管理がしやすいでしょう。

モバイル端末管理ツールのmdmで何ができるの?!

月曜日, 12月 17, 2018 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど携帯性のあるモバイルデバイス端末を業務で利用する機会は増えています。
これらのモバイルデバイス端末を利用することで、いつでもどこでも場所、時間を問わず業務を行うことができるので、業務効率のアップ、リアルタイムでの仕事が可能になります。
モバイルデバイス端末を円滑に利用、導入するためには、管理者側が一括した管理を行う必要があります。
そこで必要となってくるのがmdmです。mdmはモバイル端末管理のツールであり、統一したポリシーの下に遠隔から複数のモバイルデバイス端末を一元管理することができます。
mdmの搭載する機能は多岐にわたり、利用するmdmによって異なります。大きく分けると、紛失・盗難時の情報漏えい対策、セキュリティ対策に関わる機能、不正利用の防止に関わる機能、モバイルデバイス端末情報収集、ポリシー一斉適用による管理の効率化に伴う機能になります。

セキュリティをしなければ危険なスマートフォンの活用

金曜日, 12月 7, 2018 0:00
Categoria: 未分類

IT部門において、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の企業における導入は欠かせません。さらに導入した大量のモバイルデバイス端末を一括管理して、全てを管理下におくことも、IT部門として必ず行わなければならないことです。
IT部門では、ネットワークのセキュリティを守る手段として、周辺防御のアプローチが正しいという考えが根付いていました。しかしそれだけのセキュリティ対策では全く意味をなしません。
モバイルデバイス端末の活用を前提とした、モバイルファーストの考え方が一般的になっている現在では、データそのものに重点を置いた、複数の段階でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティアプローチが要求されているでしょう。
モバイルデバイスレベルでは最低でも会社としてmdmを使って、モバイルデバイス端末やアプリケーションを守る必要があるでしょう。IT部門ではデバイスに保存されたデータ、アプリケーションからアクセスされる移動中のデータのその両方を守る必要があるのです。