byod導入のモバイルデバイス端末を支えるmdmソリューション

土曜日, 6月 23, 2018 0:00
Categoria: 未分類

byodは従業員個人が所有しているモバイルデバイス端末を業務で活用することを言います。企業の多くは会社支給のモバイルデバイス端末を業務で活用するように指定していますが、近年では個人所有のモバイルデバイス端末を業務でも使用するbyodを導入する企業が増えてきています。
byodを導入した場合、個人所有のモバイルデバイス端末であっても、企業の機密情報や個人情報の流出を予防するためにも、セキュリティ対策をしっかりとしなければなりません。セキュリティ対策として必要不可欠な技術と言えばmdmソリューションです。
mdmソリューションはモバイルデバイス端末を一元管理できるツールであり、セキュリティ強化に役立ちます。
最近では、メールの参照、office文書の閲覧、編集など、個人ではあまり使うことがない機能が追加され、mdmソリューションでモバイルデバイス端末を管理するだけではなく、モバイルデバイス端末上でセキュアな業務をサポートする機能なども充実してきています。

mdmソリューションのチェック間隔

水曜日, 6月 13, 2018 0:00
Categoria: 未分類

mdmソリューションは、企業や教育現場でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせないソリューションとなります。
mdmとモバイルデバイス端末は定期的に通信を行って稼働状況をチェックしています。
このチェック間隔はmdmソリューションのサービスごとによって異なります。遵守ポリシーを監視する間隔に関しても短くすればするほど、モバイルデバイス端末に何かトラブルが起こった時に素早く対処することができるでしょう。
このチェック間隔というのは、mdmソリューションを選ぶ上で大きなポイントとなるでしょう。
mdmソリューションは国内だけでもたくさんの種類があるので、円滑に効率よくモバイルデバイス端末を管理するためにはmdmソリューション選びが重要です。iPadなどのタブレットやスマートフォンや業務中にうまく活用するためにはこのmdmソリューションでの管理が必要不可欠です。

mdmの管理機能

土曜日, 6月 2, 2018 0:00
Categoria: 未分類

大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業に導入した場合、初期設定などが非常に大変な作業になります。
大量のモバイルデバイス端末へのキッティング作業を楽にしてくれるがmdmツールになります。mdmとはモバイルデバイス管理ツールになります。
このmdmツールによって管理することによって、特定のアプリのみをデスクトップ上に表示し、使いやすくすることも可能です。
mdmを利用して、Wi-Fi情報、パスワードポリシー、インストールアプリなど情報を一括投入するキッティング作業は軽減することが可能でs。
またデスクトップを企業の部署ごと、役職ごとにカスタマイズする機能があるのもmdmの特徴です。
利用したい業務アプリケーションだけを表示して、サポート工数を削減することにもつながります。
また管理機能としては初期導入設定や一般ビジネス、運用管理などがあります。たくさんの機能があるmdmは必要不可欠です。

mdm市場で売れているmdm製品とは?

水曜日, 5月 23, 2018 0:00
Categoria: 未分類

日本におけるmdm市場シェアNO1のmdm製品と言えばCLOMO MDMです。
CLOMO MDMは5500社以上のユーザーに指示されている日本市場で最も人気のあるmdm製品になります。スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末導入時に多くの企業で障壁となるセキュリティ面、運用面での課題を解決してくれる管理ツールと言えます。
CLOMO MDMの対応機能としては、リモートロック、リモートワイプなどの基本的な操作機能の他、端末情報収集やアプリケーションの配布、機能制御などもあります。
モバイルデバイス端末導入時の運用面の課題を解決してくれるCLOMO MDMは、複数OSデバイスでも一括管理が可能となっています。数千台のモバイルデバイス端末でも安定して稼働することができ、ネットワークなどの設定も遠隔操作で可能です。
またマルチキャリアでの運用も可能で、運用中にキャリア乗換も容易に実現できるでしょう。
さらに費用面においてもmdm導入によくある課題を解決でいます。
クラウドサービスなのでハードウェアは不要ですし、デバイス追加時のサーバー増設なども必要ありません。

bring your own device導入によるメリット

日曜日, 5月 13, 2018 0:00
Categoria: 未分類

企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入が普及する中、bring your own deviceを導入する企業も多いです。
bring your own deviceはbyodと略されることが多く、従業員が個人のモバイルデバイス端末を業務で使用することを言います。
bring your own deviceをすることで生産性の向上に大きく貢献する可能性があり、注目されています。bring your own deviceを許可している企業やbring your own deviceの導入を考えている企業のほとんどは、従業員の業務効率アップやモチベーションアップを目的としてbring your own deviceを導入しています。
確かに日常的に使っているモバイルデバイス端末であれば操作性も分かっていますし、会社用と個人用の2台のモバイルデバイス端末を持たなくてよい点も、従業員側としてはメリットとなるでしょう。

mdm導入の際に気を付けておきたいこと

水曜日, 4月 25, 2018 0:00
Categoria: 未分類

Mdm導入にあたり、どのmdmソリューションを選ぶのかが重要なポイントになってきます。Mdmサービスの選び方は様々です。Mdmサービスは海外製のものもあれば、国内製のものもあり、その数は非常に多いです。導入する時には自分の会社にはどのようなサービスが必要なのか?適切なmdmサービスはどれなのかをきちんと考えてから選ぶようにしましょう。例えば導入規模はどれくらいなのかを考えます。数台~数百台程度の中小規模のmdm導入になるのか、数千台以上のモバイルデバイス端末を導入するのかによっても選ぶmdmツールは変わってきます。また対象キャリアも単一キャリアを利用するのか、複数のキャリアを使うのかによっても違います。セキュリティ面においても強いセキュリティ機能が必要なのか、エンドユーザーの利便性をはかるフレキシブルに対応できるセキュリティがよいのかなど様々です。mdm導入が一番大切な段階です。まずは納得したmdm製品選びをするようにしましょう。2014年国内主要13のモバイルデバイス管理(MDM)製品比較

mdmソリューションによるモバイルデバイス端末導入

土曜日, 4月 14, 2018 0:00
Categoria: 未分類

Mdmソリューションは大量のモバイルデバイス端末を管理することが可能です。
さらに数だけではなく、どんな機種にも対応できる一括設定が可能なので、情報システム担当者の作業工数を大幅にカットすることが可能です。
各メーカーの新しく発売した機種端末に対しても実機検証を行っているので、100種類以上の機種に対応できるmdmソリューションが多いです。
またmdmソリューションはマルチOSに対応したものがほとんどです。iOS、android、Windows8などマルチなOSを一括管理することができます。
Mdmソリューションの機能は様々です。その中でもメインとなるのが強力なセキュリティ対策です。
端末紛失・盗難時にはリモートロックやリモートワイプ(初期化)によって素早い対応が可能であり、第三者への情報漏えいを防止することもできます。
タブレットやスマホなどのモバイルデバイス端末は紛失の恐れが多いため、セキュリティ対策はしっかりとしておく必要があります。
また業務用端末として導入する場合は安全に運用できるようにmdmソリューションによって業務に必要のない機能は端末利用を抑制することが可能です。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

mdmは何をする?!

水曜日, 4月 4, 2018 0:00
Categoria: 未分類

Mdmツールと聞いて皆さんは何を思い描きますか?mdmと聞いても何のこと?!とさっぱりイメージがつかない人…というのも中にはいるでしょう。
Mdmとはスマートデバイス端末の管理を行うツールのことであり、多数のまとまったスマートデバイス端末を捜査する時などには欠かせない管理になります。
Mdmでは統一したポリシーの下に遠隔操作によって複数の端末を一元管理することができます。
搭載された機能はそれぞれの会社によって異なりますが、スマートデバイスの業務活用に置いて、紛失・盗難時の情報漏えいリスクの軽減、不正使用、不正利用の防止、端末情報の収集とポリシーなどがあります。
紛失・盗難時の情報漏えい対策としてはパスワードの作成とその強制化、さらにはリモートロック、リモートオフの機能で悪意のある第三者にスマートデバイス端末捜査を防止することも可能です。スマートデバイス管理によるノウハウはたくさんありますのでぜひ、チェックしましょう。参照URL

グループ別ポリシー設定が可能なmdm

日曜日, 3月 25, 2018 0:00
Categoria: 未分類

Mdmはスマートフォンやタブレット端末を企業や学校などで一括して導入する場合に必要な管理ツールになります。mdmツールを利用することで、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を円滑に一括管理することができるのです。
mdmツールの基本的な機能はそれぞれmdm製品によって異なりますが、グループ別ポリシー設定機能のあるmdmツールは人気があります。グループ別ポリシー設定とは拠点、部門などで異なる働き方に合わせた設定をグループポリシーとして設定することができる機能になっています。このグループポリシーを設定しておくことで、スマートデバイス端末を登録するだけで、スマートデバイス端末の設定、アプリの自動適用、ポリシー違反時の自動復帰をすることが可能です。
自動復帰とは必須アプリが消去された時に自動的に再インストールできる機能になっています。つまりグループ別ポリシー設定は管理者操作を必要としない効率的なスマートデバイス端末管理が実現できるのです。Ascent Networks MoDeM

管理者ごとの権限設定が可能なmdm

土曜日, 3月 3, 2018 0:00
Categoria: 未分類

企業でスマートフォンやタブレット端末を導入すると社員1人1人に1台ずつのスマートデバイス端末を配布することになるのでその数は膨大です。mdmツールを用いてスマートデバイス端末を一元管理すれば、管理効率がアップするだけではなく、安全面においても高いセキュリティ機能を備えることが可能です。
またmdmでは管理者ごとの権限設定なども行うことができます。例えば複数の管理者でスマートデバイス端末を管理したり、運用したりする企業も多いで。そのような複数管理者での管理、運用の場面でも単なる閲覧者からフルでコントロールできる管理者になれるまで、1人1人にアクセス権を細かく割り振ることができる機能があります。
このmdmの細かな管理権限を設定することでこれまでの一元管理による管理に比べてフレキシブルに管理することが可能になるのです。
管理者ごとの権限設定ができる機能は非常に魅力的なので、そのような機能がついたmdmを選ぶとよいでしょう。参照URL