mdm導入事例から分かる選ぶポイント

日曜日, 10月 7, 2018 0:00
Categoria: 未分類

mdm導入事例は年々増加しており、企業によってはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用した、在宅での業務を積極的に行っています。在宅で仕事ができれば働き方改革につながり、従業員のモチベーションアップにもつながるでしょう。
mdm導入事例を見ていると、それぞれの企業によってmdmに求める機能には違いがあります。そのためその企業にあった最適のmdmを選ぶ必要があるのです。
mdmの種類は非常に多いので、どれを選べばよいか悩んでしまいますが、選び方のポイントとしては機能面と価格面でしょう。
機能面に関しては最低限企業として求める機能が付いているmdmが望ましいでしょう。
また価格に関しても大量のモバイルデバイス端末を導入するのでコスパのよいものに越したことはありません。価格はmdmのメーカーによって異なりますが、管理するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末1つあたり
数百円から利用することができます。

スマートフォンのセキュリティ対策

木曜日, 9月 27, 2018 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレット端末を導入する企業は多いです。これらのモバイルデバイス端末はしっかりとセキュリティ対策しておかなければ様々なトラブルに巻き込まれてしまうことが考えられます。
例えば公衆Wi-Fiを利用した時にセキュリティ設定をしていないとスマホの通信内容を盗み見されたり、不正サイトへ誘導したりされることがあります。
またSNSやウェブメールなどのアカウントのっとりや、ネット差gき、脆弱性攻撃、不正アプリなどによってセキュリティが弱まることもあるのです。
企業や組織でスマートフォンやタブレットを導入している場合には、企業の機密情報やお客さんの個人情報を取り扱う場合も多いです。その際にはデータの消失や漏洩の危険性もあるので、スマートフォンやタブレットを使用する場合には、しっかりとセキュリティ管理を行うようにしましょう。普段から脅威情報には敏感になっておくべきですし、セキュリティアプリやmdmなどのセキュリティ管理ツールを利用するようにしましょう。

VPPによって管理者の負担が軽減

月曜日, 9月 17, 2018 0:00
Categoria: 未分類

VPPとはVolume Purchase Programのことであり、apple社が企業や教育機関などの法人に向けた提供しているサービスの1つです。
このVPPでは組織としてアプリケーションを購入できるストアになります。
VPPではアプリを複数のライセンスから一括購入することが可能です。複数のライセンス購入したアプリケーションをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末単位に配布できるようになったのは管理者にとっては非常に大きなメリットとなります。
これまで必要であった個別のappleIDが必要なくなり、割り当てられたアプリケーションはそのモバイルデバイス端末を使用する全員が使用することができるのです。
これまではmdmの導入の際には、配布する台数分appleIDを取得していた管理担当者ですが、VPPで一括でアプリをインストール、配布できるようになってからは、相当な負担が軽減されるでしょう。あmたモバイルデバイス端末導入の工数やコスト削減にもつながります。

mdm市場の拡大

木曜日, 9月 6, 2018 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入が進むなか、mdm市場も普及しています。
特に小学校や中学校、高等学校、大学、専門学校などの教育現場でのmdm導入が進められています。現在教育現場では教育の情報化加速に向けて多くの現場でタブレットなどのモバイルデバイス端末導入が進んでいます。このモバイルデバイス端末を使った教育のICT化は国をあげて進められている教育事業の一環になります。
協働学習サポートのためのシステムからタブレットなどのモバイルデバイス端末活用に欠かすことができないセキュリティシステムまで幅広いマーケティングデータが記載されています。
モバイルデバイス端末導入が進む中モバイルデバイスの管理を一括して行うためのmdmを導入する企業も増えています。mdm市場は日本のみならず海外でもその市場は広がっており、今後さらなら市場拡大が期待されています。
mdm市場が広がることで多くのmdm製品が登場しているので、それぞれの製品の特徴を把握する必要があるでしょう。

byodにおけるソリューション

月曜日, 8月 27, 2018 0:00
Categoria: 未分類

byodはスマートフォンやタブレットを会社側が従業員に支給する必要がなく初期設定などもないので、管理者側としてはコスト面においても管理面においても負担が軽減されます。また従業員側としても何台もスマートフォンやタブレットを持つ必要がなくなりますし、使いなればモバイルデバイス端末で仕事をこなすことができるので業務効率もアップするでしょう。
ただbyodを導入する場合、管理費用の面やセキュリティ対策の面で問題や課題も多くあります。そこでbyodにおける懸念事項を解決して、コスト削減、運用効率を向上させるサポート管理体制、ソリューションを徹底させることが重要になります。
byodを管理するソリューションとしては接続端末の種類を特定して接続制限を行ったり、SSDIやユーザー情報による制限で防げない不正利用を防止したりする機能があるとよいでしょう。
また利用ユーザーに応じた証明書、Wi-Fi接続情報の自動配布、認証ページによるゲスト端末の自動登録などもあると便利な機能です。

運用ポリシーにあった環境の構築が可能なmdmソリューション

木曜日, 8月 16, 2018 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンやタブレットは様々な種類があります。Windowsやandroid、iOSなどマルチなデバイス端末があり、それらを一括して管理するのは非常に大変です。そこでおすすめなのがmdmソリューションです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、このmdmソリューションを利用してモバイルデバイス端末を一括管理すれば、販売されている全ての端末を一度に管理することが可能になるのです。
端末に依存する問題を早期に発見し、検証を行うことができます。またmdmソリューションは最新機種にも随時対応してくれるので非常に便利な管理ツールと言えるでしょう。
また運用ポリシーにあった環境の構築をするためにもmdmソリューションは欠かせません。mdmソリューションを利用してモバイルデバイス端末を一括管理すれば、ユーザーの情報コンテンツや個人情報を守って、モバイルデバイス端末の情報設定や管理などの運用コストを削減することもできるでしょう。
mdmソリューションでは運用コスト削減につながる端末管理、情報コンテンツや個人情報を守るセキュリティ管理、環境設定管理が可能なのです。

mdmソリューション導入によって得られる機能

日曜日, 8月 5, 2018 0:00
Categoria: 未分類

mdmソリューションとは企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を安全にそして効率よく導入するために欠かせない、安全管理ツールになります。
mdmはクラウドやmdmサーバーからスマートフォンやタブレットを管理するためのIT管理者向けの機能になります。IT管理者はmdmソリューションを活用することで、ソフトウェアの導入、リソースへのアクセス許可、デバイスの追跡、リモートからのデバイスデーター削除などの適用操作を実行しています。
mdmソリューションを導入することでネットワークアクセスポリシーを適切に適用し、モバイルデバイス端末とBYODを最大限に活用することができるのです。
mdmソリューションデバイスの更新を自動化、簡素化する、リモートによる構成と監視、パスワード、ブラックリスト、アクセスなどのポリシー適用などの様々な機能があります。また企業情報のバックアップ、リストア機能、レポートによるコンプライアンス対応などの機能も備えています。

モバイルデバイス端末導入に欠かせないmdmの比較

水曜日, 7月 25, 2018 0:00
Categoria: 未分類

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育機関で導入する際には欠かせない安全管理ツールになります。mdm製品はそれぞれ特徴があるので比較しながら、企業にとって一番メリットの大きいmdmを導入するべきです。mdmを導入する際に製品を比較しますが、その比較ポイントとしては各種プラットフォームに対応しているかどうかという点は1つのポイントになります。
またスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に応じて自動で設定変更が可能なmdmは実用的でしょう。
その他、そのmdmの実績はどうなのかも確認しておきたいポイントの1つ。国内導入実績があるか?海外の導入実績はあるのか?などをチェックしてみましょう。機能に関しては、遠隔ロック・初期化などの基本的な機能はもちろんのこと、制限機能の豊富さはあるか?端末の一括セットアップはできるのか?などはチェックしておきたいです。

キッティング作業の削減につながるApple DEP

日曜日, 7月 15, 2018 0:00
Categoria: 未分類

Apple DEPとは、apple社が提供する教育機関や企業向けのiOS端末を導入する時のサポートサービスになります。iPhoneやiPadなどのiOS端末は多くの教育現場や企業で大量導入されています。
このiOS端末を学校や企業に導入しようとする場合、管理者側はたくさんの初期導入における設定を行わなければなりません。この管理者の作業負荷を軽減してくれるのがApple DEPなのです。Apple DEPを利用することで、膨大なキッティング作業(モバイルデバイス端末を使用できる状態にしておく事前準備のこと)の軽減につながります。
企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する場合には、Apple apple DEPを利用することで、管理対象のモバイルデバイス端末への設定が無線ネットワーク経由で行うことができるようになります。apple DEPを利用することで、管理対象のモバイルデバイス端末への設定が無線ネットワーク経由で行うことができるようになります。

android端末管理を行うmdm

火曜日, 7月 3, 2018 0:00
Categoria: 未分類

スマートフォンのデバイスにはiPhone、android、Windowsなどがあります。その中でも企業でandroid端末を会社から支給して、業務にモバイルデバイス端末を導入する例は増えています。
mdmツールの中にはandroid端末専用の製品もあれば、androidだけではなく、iPhoneやWindowsなどマルチデバイスに対応しているmdmソリューションもあります。
mdmソリューションによってandroidなどのモバイルデバイス端末を管理することで、端末の電源を入れてからわずかな操作を行うだけで、管理アプリを自動でインストールできたり、必要な設定を自動でお粉うことが出至ります。
導入時における管理アプリのダウンロードやインストール操作は非常に面倒です。android端末管理をスムーズに行うためにもmdmは欠かせません。またandroid端末の初期状態から設定が開始されているので、ユーザーが使い始める前に端末を確実にmdm管理下に置くことができます。